根子岳・四阿山 ~ 2018年11月3日

天気が良さそうな祝日。日帰りでどこかに行こうと考えたのは以前から名前が気に入ってたネコ岳でした。
四阿山には2015年3月にあずまや高原ホテルから登っていますが今回はそれとは別ルートになります。

【コース】 菅平牧場→根子岳→四阿山→中四阿→菅平牧場
Mapion

Photo


20181103_071406_(7:14) 菅平牧場駐車場
このような駐車場が数か所連続してて満車の心配は不要でした。上に見えるのは北アルプス?
20181103_071513_(7:15) 登山口
立派なトイレもある登山口。時計回りに周回するのでまずは根子岳に向かいます。
20181103_071938_(7:19)
最初は階段。これがけっこうきつい。

20181103_073500_

20181103_073633_
(7:35) 20分ほど登ると見晴らし台があります。眼下の菅平牧場。雲海に覆われた長野市内。そして雪のついた北アルプスと高妻、妙義山などが見渡せます。ただ、60kmも離れているので肉眼でどの山か判別するのは大変。

20181103_081107_(8:11)
根子岳に向けて緩い登りが続きます。

20181103_084057_20181103_084058_
(8:40) 根子岳/標高2207m
登山口から1時間半で根子岳山頂に到着。登山口との標高差が少ないので2000mの山という感じがしませんがさすがに風は冷たい。花の百名山になっていることは知りませんでした。

20181103_084402

20181103_084448
根子岳山頂からの眺め。コンデジのズームでかろうじて白馬三山が見分けられました。5年前に縦走した素晴らしい稜線です。

20181103_084645_(8:46)
そのまま四阿山に向かいます。稜線続きかと思っていましたが、かなり下ってからの登り返しがあるようです。
20181103_084855_(8:48)
崖の際を通る登山道。最近、よく路肩に転落するので最新の注意を払って通過します。

20181103_085245_20181103_085329_
(8:52) 日陰の岩場にはうっすらと雪がありました。ここも要注意です。

20181103_091540_(9:15) 大隙間
そういう名前だというのは地図でしかわかりませんが、根子岳と四阿山の間の鞍部です。
20181103_095358_(9:53)
四阿山に向けての登り返し。ここが今回で一番苦しい、我慢が必要なところでした。
20181103_100546_(10:05)
登り返しを終えてしばらく歩くと四阿山の三角の山頂が見えてきました。

20181103_10180020181103_101801_
(10:18) 四阿山/標高2354m
四阿山の山頂に到着。奥の岩場でお茶休憩しましたが風も吹いてすごく寒い。さすが11月の2000m級の山です。ダウンジャケットを持ってて良かった。

20181103_101943_(10:19)
山頂から南東方向には浅間山。手前の湖は田代湖です。

20181103_105750_(10:57)
根子岳方面との分岐点まで戻り、中四阿方面に下山します。

20181103_112330
(11:23) 下山途中の眺め。右が根子岳で、左がこれから行く中四阿。

20181103_113036_(11:30) 中四阿
ロープが張ってあって山頂の岩には上がれないようです。行って行けないことはないけど、無理に行くようなことでもない。

20181103_113737_

20181103_120053_20181103_120304_
(12:00) 中四阿から1.1km歩いて小四阿。

20181103_123637(12:36)
菅平牧場まであと800mという辺りで2歳くらいの男の子とそのお母さんに遭遇。山頂までの時間を聞かれたけど「無理です!」と引き留めた。
20181103_125107_20181103_125355_
(12:53) 最後は白樺林の中や牧場の横を歩いて登山口に戻ってきました。


天気も良くてなかなか楽しい山歩きができました。

最後に出会った親子連れはあれからどうしたろう?
山頂に行くなんてとても無理と伝えたら「それでは行けるところまで」と言ってたけど、小四阿まででも無理だったと思う。その場から一緒に下山してくれば良かったかなと、帰りの車の中でもずっと気になっていました。


---------------------------------

| コメント (0)

«冬支度