櫛形山 ~ 2018年5月20日

東京から長野に向かって中央道の甲府市付近を走っていると正面に大きく見えるのが櫛形山。林道も登山道も整備されて子供が遠足で行く山という噂も聞きました。二百名山でもあるので山頂は踏んでおきたいけど、できるだけ簡単に済ませたい。そんなことから、山頂の近くまで行ける池の茶屋林道が開くのを待って短時間で周回してこようと考えていました。

【コース】 登山口→北岳展望デッキ→アヤメ平→裸山→櫛形山→登山口
Mapion

Photo


2018_0520_054546(5:45) 富士川大橋
池の茶屋林道も5月15日に開通したようだし、晴れ予報だったので自宅を3時半に出発して櫛形山に向かいました。山頂付近に雲がかかっているのがやや不安。
2018_0520_060545(6:05) 丸山林道
登山口まで丸山林道と池の茶屋林道を長く走るのが少し不安でしたが、路面もまあまあで対向車もいなかったので問題なし。
2018_0520_063952(6:30) 池の茶屋登山口
登山口に到着すると既に5台ほどが駐車していました。奥に見えるのは休憩舎(トイレ・案内図付)。
2018_0520_064635(6:46)
準備を整えて出発。時計回りに周回するため最初に北岳展望デッキに向かいます。傾斜の少ない広い登山道。

2018_0520_0705552018_0520_070645
(7:05) 北岳展望デッキ
20分ほどで今回の一番の見どころと思われる北岳展望デッキに到着。しかし不安に感じてたとおり真っ白で何も見えません。この先の裸山も展望があるようなのでそちらに期待します。

2018_0520_071750(7:17)
景色は見えませんが、新緑と朝霧がなかなか綺麗です。
2018_0520_073128(7:31)
もみじ沢に向けてずいぶん下ります。

2018_0520_0735322018_0520_073611
(7:35) もみじ沢
下りきったところがもみじ沢で休憩用のベンチが設置されていました。確かにもみじ(かえで)が多くて紅葉時期には美しいだろうと想像できます。

2018_0520_082707(8:27) アヤメ平
もみじ沢から登り返してアヤメ平へ。アヤメの咲く時期には賑わうのでしょうが今はひっそり。
2018_0520_084228(8:42)
アヤメ平の次は裸山へ向かうので右へ。直接櫛形山の山頂に行くには左の道です。

2018_0520_085446
(8:54) 裸山/標高2003m
残念ながらここでも南アルプスの稜線は雲の中でした。ちょうど雪が残ってる部分が煙を出している感じでしょうか。午後には晴れるような気配も感じましたが、そうまでして見たい景色ではない(北岳は見るのでなく登りたい)ので先に進むことにします。

それにしてもこの標識。一瞬、左に行くと裸山だと勘違いしましたが、よくよく見れば板の端が斜めに切られておらず、「ここ」を表しているんですね。


2018_0520_091015(9:10) カラマツ
ところどころに巨木がありました。これは、樹齢300年、幹周8.1m、樹高25mのカラマツだそうです。

2018_0520_0933112018_0520_093251
(9:32) 櫛形山最高点/標高2053m
標高2052mの櫛形山の山頂よりも1m高い最高点。標識も2052mなのか2053mなのか読み取れません。

2018_0520_093659(9:36)
北岳は見えませんでしたが、反対側の富士山は雲の上に浮かんでいました。

2018_0520_0947252018_0520_094609
(9:47) 櫛形山(奥仙重)/標高2052m
最高点から15分ほどで山頂に到着。先ほどの林の中にある最高点よりも僅かながら山頂的な雰囲気がありました。
どうも、ここは奥仙重というのが本来の名前で、裸山なども含めた総称が櫛形山となるようです。

2018_0520_095307(9:53)
どちらが正しい山頂であるとしても、櫛形山の山頂を踏んだことは間違いないのであとは下山するだけ。

2018_0520_0958452018_0520_095956
(9:58)登山口に向けて少し下ったところにベンチの置かれたビューポイント。景色を見ながらお茶休憩をしようかとも思いましたが、相変わらず南アルプスの稜線は見えないし素通りすることにしました。

2018_0520_101046(10:10) 池の茶屋登山口
木々の間から登山口の休憩舎が見えました。ほとんど休憩もせずに3時間半で周回してきました。


2018_0520_113051
(11:30) 帰路、道の駅富士川に立ち寄りましたが、正面に櫛形山がきれいに見えていました。この時間ならこの山の向こうにある北岳の雲も取れていたでしょうか?


3時間半の周回で、登山というよりは、散歩・散策という感じでしたが、それでも二百名山の20座目。百名山と合わせると70座になりました。もはや東京から日帰りで気軽に行ける山は残ってない感じです。
時間が早かったので中央道の渋滞にも遭わず午後2時には帰宅できました。これなら留守番の猫も大丈夫。


---------------------------------

| コメント (2)

«便秘