浅間山(前掛山) ~ 2018年9月18日

平成30年8月30日。浅間山の噴火警戒レベルが1となり、前掛山まで行けるようになったとのニュースがありました。黒斑山までしか行ったことがなく百名山にもカウントできていなかった浅間山。天気も良さそうだし、師匠の仕事の都合もつくようなので平日のこの日、長野県の小諸に向かうこととなりました。

【コース】 浅間山荘→火山館→前掛山(ピストン)
Mapion

Photo


2018_0918_081108(8:11) 浅間山荘駐車場
浅間山荘前に行くと駐車場料金を請求されましたが、登山者用の無料駐車場があることを知っていたのでそちらに駐車。満車どころかガラガラでした。

2018_0918_0814502018_0918_082059
(8:14) 浅間山荘前の鳥居から登山道に入ります。ここには綺麗なトイレと登山届提出所もありました。

2018_0918_085002(8:50) 一の鳥居
平坦な林道のような道を30分歩くと一の鳥居。直進(不動滝経由)も左の道も二の鳥居に行きますが、ここでは左に進みました。
2018_0918_090851(9:08) 二の鳥居
一の鳥居で分岐した登山道が再び合流するところが二の鳥居。鳥居は倒壊していました。
2018_0918_091227(9:12)
この先の火山館で使用する薪を持って上がって欲しいとのお願い文。私も師匠も2本だけ持つことにしました。濡れているのでけっこう重い。師匠は無理矢理ザックに入れましたが私は脇に抱えて登山。
2018_0918_094623(9:46) カモシカ平
登山道の左手に大きな岩山が見えてきました。前に歩いたことのある「トーミの頭」付近のようです。
2018_0918_095404(9:54)
ここでやっと浅間山の山頂が眺められましたが、まだまだ樹林帯が続きます。
2018_0918_095533(9:55)
全コース中、火山館の手前のここだけが強い硫化水素臭がしてました。
2018_0918_100013(10:00) 火山館
火山館に到着。薪を下ろしたらすぐに出発。
2018_0918_102922(10:29) 賽の河原分岐点
警戒レベル2以上の時はここまでですが、今は直進することが許されています。
  2018_0918_103614(10:36)
樹林帯を抜けていよいよ浅間山の登りが始まります。天気も良くなりました。

2018_0918_1054472018_0918_104846
(10:48) 富士山の砂走りのようなのを想像していましたが荒い砂利道でした。歩きにくい急登で今回の山行で一番苦しいところ。振り返るとトーミの頭、黒斑山、蛇骨岳などの第一外輪山が屏風のように連なっていました。

2018_0918_1116042018_0918_111650
(11:16) 浅間山火口への道はこの看板まで。この先は常に立ち入り禁止区域となっています。ここから右に進むとシェルターの先に第二外輪山の前掛山があり、今はこちらを浅間山の山頂とみるしかありません。

2018_0918_112738
(11:27) 前掛山という名前はついていますが、昔の噴火口の縁ですね。八ヶ岳の硫黄岳と似た雰囲気。

2018_0918_113707
(11:37) 浅間山(前掛山)/標高2524m
山頂に着いたとたんに雲が増えてしまいました。朝、東京は晴れていたのに上信越道の閼伽流山トンネルを越えた佐久平には雲が立ち込めていましたので、昼になってそれが上がってきたのでしょう。

2018_0918_1139122018_0918_115730
(11:39) 前掛山の先にも立ち入り禁止の看板があります。そして本当の浅間山の山頂は正面のあちら。実は1名だけ登ってる人が見えましたが違法行為ですね。

2018_0918_123121(12:31)
風を避けてシェルターの中でお茶休憩をしてから下山。さすがにこの時期の標高2500mは寒いです。
2018_0918_133015(13:30)
火山館を越えたところでは、トーミの頭の反対側の牙山(ざっぱやま)の迫力ある姿が印象的。
2018_0918_141607(14:16) 不動滝
二の鳥居からは往路で通らなかった不動滝のルートを選択。滝つぼの淵まで行くとかなり濡れてしまいます。
2018_0918_145939(15:00) 無料駐車場
15時ちょうどに駐車場に戻りました。休憩を含めて7時間かかりました。



賽の河原分岐点までは急登もなく、平坦な部分が多い初心者向けコースでしたが、その先の前掛山に向けての登りはちょっと我慢が必要。でも、そのおかげでさすが火山という荒々しい雄大な景色を見ることができました。念のためにヘルメットも持参しましたが、使用する場面がなくて良かった♪

なお、チェリーパークラインから浅間山荘までは未舗装道路が2Kmほど続きます。普段、舗装路しか走っていないので時速20kmをキープしながらけっこう緊張してましたが、あの程度の道ならパンクの心配などいらないのかもしれませんね。この調子なら悪路で名高い皇海山登山口への林道も大丈夫かな?


---------------------------------

| コメント (0)

«雲取山 ~ 2018年8月19日