« 誕生日 | トップページ | 帽子 »

愛鷹山(越前岳) ~ 2018年4月29日

今年もゴールデンウィークになりました。例年この時期には車中泊しながら地方遠征をしていますが、今年は飼い猫のことが心配で泊りがけはちょっと無理。日帰りできる200名山ということで、富士山の隣にある愛鷹山に登ってみることにしました。

【コース】 山神社→割石峠→呼子岳→越前岳→黒岳→山神社
Mapion

Photo


2018_0429_061908(6:19) 山神社駐車場
自宅を午前3時半に出発して東名高速経由で愛鷹山登山口の駐車場に6時に到着。すでに6台ほどが駐車していました。私たちも準備を整えて登山開始です。
2018_0429_062913(6:29)
割石峠から越前岳を時計回りに周回してくる計画。最初に数回の渡渉がありました。
2018_0429_064333(6:43)
あちこちにツツジが咲いていました。何種類かあるようですが、この時期に咲くのは固有種のアシタカツツジではなさそうです。
2018_0429_070715(7:07)
割石峠まで岩の道が続いて登るのに気を遣います。ここを下山するのはさらに大変そう。
2018_0429_071452(7:14) 大杉
とはいえ、驚くほどの大杉ではないですね。

2018_0429_0803372018_0429_080352
(8:03) 割石峠
こちらはその名の通りの岩の割れ目にある峠。稜線を右に進みます。

2018_0429_081405(8:14)
ここまで来てやっと富士山が少しだけ姿を現しました。雲も霧もないので先に進めば全容が見えそうです。
2018_0429_081714(8:17) 呼子岳/標高1313m
ここから見える富士山は左半分だけできたが、目の前には駿河湾の海岸線が広がっていました。田子の浦あたりと思われます。

2018_0429_0908492018_0429_085306
(8:53) 山桜の咲く稜線を30分ほど進んだところで振り返ると中央に呼子岳。その左側に鋸岳の稜線が続きます。割石峠に鋸岳方面の案内はありましたが今は通行禁止になっている模様です。

2018_0429_0912252018_0429_092106
(9:12) 愛鷹山(越前岳)/標高1504m
愛鷹山最高峰の越前岳に到着。ここまで数人とすれ違っただけでしたが山頂にはけっこうな数の登山客がいてベンチは満席。少し離れた場所でお湯を沸かして30分ほどお茶+軽食休憩してから下山に入りました。(一人でベンチを占有したりザックを乗せたりのマナー違反には注意したいものですね。)

2018_0429_0957322018_0429_095752
(9:57) 富士見台
ここでやっと富士山の全体が見えるようになりました。ただ、東京方面から見るのと違って宝永火口が大きく口を開けていて綺麗というより痛々しい感じ。ここからの富士山が50銭紙幣の図案に使われたとのことですが、宝永火口が入らないように上の部分だけにしてるんですね。

2018_0429_105049(10:50) 富士見峠
山神社の駐車場に戻るには右ですが、直進して富士山の眺めがよいという黒岳に登ってみることにします。

2018_0429_110436
(11:04) 黒岳展望広場からの富士山
真冬のようにくっきりととはいきませんが富士山スカイラインや富士宮口登山道がみえます。ただ、ときどき聞こえてくる低い雷鳴のような音(自衛隊の東富士演習場の砲弾の音?)とひっきりなしに聞こえる高めの銃声(すぐ下にある須山クレー射撃場の音?)でどうも落ち着かない。この辺りには鹿などの動物も少ないんじゃないかと思いました。

2018_0429_110727(11:07)
新緑の林の中を黒岳山頂に向かいます。

2018_0429_1110152018_0429_111038
(11:10) 黒岳/標高1086.5m
山頂は広場になっていて真正面に富士山。駐車場から直接来れば1時間ほどなので子供連れのハイキングにはいいのでしょう。

2018_0429_120149(12:01) 山神社駐車場
周回して駐車場に戻ってきました。出発時は7台だったのが付近の林道の路上駐車も含めて40台ほどになってました。



休憩時間を含めて6時間弱のハイキング。時計回りに周回しましたが、前半のガレ場が登りになることや、富士山の展望(それ以外に見るべきものがない)を後の方にとっおくという意味で、時計回りで正解だったと思います。途中、愛鷹山には似合わない大きなザックを背負った方に会いましたが、夏の奥穂・北穂登山に向けての練習だとのこと。夏には北アルプスのどこかで再会できたらいいなと思いました。

これで「68座/200名山」となりました。次は日帰りでは苦しそうな甲武信ヶ岳か、登山口までの悪路の林道が不安な皇海山になるでしょうか。


---------------------------------

« 誕生日 | トップページ | 帽子 »

コメント

こんばんは。
復帰2座目ですね。おめでとうございます。
それにしても富士山の宝永火口の大きさに驚きました。
本当に大きいですね。

実は火口の中に自衛隊の秘密基地があったりして・・・。

投稿: jima | 2018年5月 3日 (木) 21時13分

jimaさん、コメントありがとうございます。
宝永山とか宝永火口という名前は知ってても、それ以上の興味はなかったのですが、正面からみてみると「ちょっとこれは埋め戻さないと‥」というくらいに感じますね。
自分にとって富士山といえば、大沢崩れが右側に見える絵をイメージするのですが、住んでる場所によって人それぞれなんでしょうね。

投稿: 24頁 | 2018年5月 4日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日 | トップページ | 帽子 »