« 蜂刺され | トップページ | 浅間山(前掛山) ~ 2018年9月18日 »

雲取山 ~ 2018年8月19日

8月11日の山の日から2泊3日で“初”槍ヶ岳の計画でしたが天気予報に雨マークが並んでいたため中止(延期)。ただ、延期した日まで何もしないでいては登山耐性が弱まってしまいます。近場でトレーニングがてらに登れる山として、4年前にガスで何も見えなかった雲取山を再訪してみることとしました。

【コース】 丹波山村営駐車場→雲取山(ピストン/復路は七ッ石山経由)
Mapion

Photo


2018_08_19_054223(5:42) 丹波山村営駐車場
鴨沢バス停から30分ほど登ったところにある無料駐車場を利用。
2018_08_19_054641(5:46) 登山口
ここから登山スタート。登山道には将門伝説の説明板がいっぱい。弘法大師や義経のように平将門も各地に出没してたのですね。
2018_08_19_070104(7:01)
樹林帯の中の広い登山道。歩きやすいのですが距離が長いので徐々に疲れが溜まってきます。
2018_08_19_071745(7:17)
山頂までの3分の1地点で、ここまで2時間かかったのならあと4時間かかるとの注意書き。ちょっと大げさな感じもしますが、初心者が簡単に日帰りできる山ではないという意味でしょう。
2018_08_19_074208(7:42) 七ッ石小屋下分岐
前回は小屋経由で上段巻みちを通りましたが、今回は左の下段巻みちにします。
2018_08_19_074411(7:44)
下段巻みちに進むとすぐに木橋が出現。手前には沢水の流れ落ちるところもあってちょっとした気分転換になりました。
2018_08_19_081452(8:14) ブナ坂
この先、登山道はさらに拡大されて林道かと思うほど。防火帯も兼ねているのでしょう。トレイルランの人も多いところです。

2018_08_19_0821082018_08_19_082631
(8:21)
正面には飛龍山を指し示す雲。左に目をやるとマルバダケブキの上に富士山が覗いてました。今回は良い天気になってくれました。

2018_08_19_084414(8:44) 奥多摩小屋
登山口から休まず3時間歩いてきて疲労困憊。ちょっとだけ休憩します。この小屋は今年度いっぱいで閉鎖されるとのこと。
2018_08_19_090358(9:03)
この先、ヨモギの頭、小雲取山という急登が続きます。
2018_08_19_093622(9:36) 山頂避難小屋
やっと山頂直下の避難小屋に到着。もうくたくたで最後のこの斜面を登るのも辛い。
2018_08_19_094312(9:43)
なんとか避難小屋裏手の山頂に到着。登山口からちょうど4時間でした。

2018_08_19_094639

2018_08_19_0944152018_08_19_101552
(9:44) 雲取山/標高2017m
以前来た時とは標柱が変わっていました。百名山と書かれた標柱の裏の日付はわずか一週間前。“山の日”に建てたもののようです。
山頂に到着してもすぐに下山してしまうことが多いのですが、今回は人も少なかったので落ち着いて軽食&お茶休憩をとりました。

2018_08_19_103849(10:38) 小雲取山
雲取山頂で40分ほど休憩した後は来た道を戻ります。しばらく下っていくと登山道脇に小雲取山への踏みあとがあったので行ってみるとちゃんと標識がかかってました。
2018_08_19_111032(11:10)
奥多摩小屋の先まで下山してきたところで上空にヘリコプターが出現。しばらくホバリングしてましたが、登山道やヘリポートの状況確認だったのでしょうか。空も急速に曇ってきました。

2018_08_19_1146022018_08_19_114803
(11:46) 七ッ石山
あまり体力的な余裕が残っていないので迷ったのですが、前回も登らなかった七ッ石山を経由して下山することにしました。山頂には雲取山と同じデザインの標柱がありました。

2018_08_19_141212(14:12) 駐車場
休憩を含めて8時間半で駐車場まで戻ってきました。それほどの急登があるわけではないけれど、三峰まで縦走するにしても、山頂ピストンするにしても、簡単ではない山でした。



前回の谷川岳から一か月ぶりの山行でしたが、最後の方は足の母指球あたりが痛くなって5分ごとに立ち止まらないと歩けないような状態。歩き方が下手で常につま先から降りてしまうのがいけないのかもしれません。下山は軸足の膝を曲げて足裏全体で着地‥理屈はわかってもなかなか難しいです。

ところで、自転車をはじめた頃は毎週のように行ってた奥多摩ですが、今回久しぶりに車で走ってみたら多摩川南岸道路が部分開通してて奥多摩駅を通らずに奥多摩湖に行けるようになってました。便利にはなりましたが奥多摩駅前の過疎化が進んでしまうかな?


---------------------------------

« 蜂刺され | トップページ | 浅間山(前掛山) ~ 2018年9月18日 »

コメント

槍ヶ岳の予定だったんですね。
今年は台風も多いし天候も不安定だし、良かったのは梅雨明け前あたりでしたね。
それにしても山頂まで4時間って早いですよね!
我が家は相当時間掛かった記憶が・・・
雲取山はどっから行っても長いですよね。
今の私の体力では日帰りは厳しそうです・・・
奥多摩小屋なくなっちゃうんですか?
確かに廃墟のようでしたけど・・・

投稿: ゆきち | 2018年8月24日 (金) 23時16分

ゆきちさん、コメントありがとうございます。
なんとか村営駐車場から4時間で山頂にたどり着きましたが、辛かった記憶のある“雷鳥平から剣岳往復”以上に疲れてしまいました。下山にも同じ時間がかかっているのがその証拠です。登山口に1泊2日が通常って張り紙がありましたが、そうかもしれませんね~。
もし次に行くことがあったなら「奥多摩小屋跡地」の付近でテント泊になるでしょうか。

投稿: P24 | 2018年8月25日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜂刺され | トップページ | 浅間山(前掛山) ~ 2018年9月18日 »